TOP
44.91score

keiko

日焼け止めは必ず持参すべし

生まれも育ちも本州である私は、少しでも寒いと感じることが苦手なので、夏以外は涼しさが感じられるアイテムを使うことを拒み続けてきました。例年よりも涼しい秋が訪れたある年、私はあることを決断しました。沖縄の離島に行って、涼しいなどという感情から解放されようと考えたのです。
そのためには仕事の調整をする必要があったのですが、幸いにも私が働いている会社は、一定期間内ならパソコンだけを外に持ち出して仕事をすることを許容されていました。なので、少し上司と相談しただけで、私は沖縄の離島に行くことが可能となりました。沖縄に行くことが決まってからは、とてつもなく行動がスピーディーでした。鹿児島からのフェリーの手配を十分程度で済ませ、沖縄の離島に滞在する間に必要であると考えられるものの準備を、半日もかからずに終えてしまったのです。仕事用のパソコンも厳重にバッグに収納して、あとはフェリーに乗船する日を待つばかりでした。

いよいよ沖縄の離島に赴いた日、私は絶対に許されない失敗をしてしまうのです。それは、本州育ちで猛烈な日差しに慣れていないせいで、日焼け止めを持参することを忘れてしまったことでした。そして、さらに運が悪いことに、私が滞在する予定の沖縄の離島には、日焼け止めが販売されていなかったのです。観光客向けの沖縄の離島ではないので、それは仕方がないことだと自分に言い聞かせました。
寒がりの私でも、暑いと感じる日が毎日のように続き、ついに恐れていた事態が発生しました。首を日焼けしてしまい、2日が経過してもヒリヒリした感覚がやわらがなかったのです。地元の方がアイシングしてくれたので、なんとか難を逃れられましたが、その後もしばらく肌の違和感は続きました。
この経験から私は、沖縄の離島に滞在する時に必ず持参すべきものを挙げたいと思います。それは、沖縄の離島に滞在する間、毎日たっぷり使ってもなくならない量の日焼け止めです。

.

最終更新日:2015-08-27 22:57

コメント (0)