TOP
42.64score

keiko

こだわりがなければ安くてもいい

それまで安いヘッドホンを使用して音楽を聴いていましたが、調子が悪くなってきたため新しいものを買うことにしました。
音質にはさほどこだわりはなかったものの、せっかく買い換えるのであれば高価で良い物を買ってみようと思い、音響にこだわっている友人に相談して購入することにしました。
専門店に行くほどこだわりがあるわけではなかったので、近場の家電量販店に行きました。友人いわく、専門店に行った方が良い物がそろっているとのことでしたが、ヘッドホンやスピーカーなどの音響機器は「良いもの」をそろえようとすると本当に上限がなく、その友人はスピーカーに平気で数十万かけてしまうほどの熱中ぶりでしたから、さすがにそこまでお金はかけたくなかったので丁重に断って、普通の家電量販店で購入することになりました。
ヘッドホンコーナーに行くと、いろいろな種類のものが膨大にとりそろえてあり、今まで安い物を手に取っていた私には、どれが「良いもの」なのか判断できなくて困りました。友人のうんちくを聞きつつ視聴をしながら選んでいったのですが、だんだん視聴を続けていくと、たしかに高額のヘッドホンは音質が違うことが分かってきました。今までずいぶん音質が悪い物を使っていたんだなと感じ、最後には友人のすすめるまま、その店の中ではかなり高額なヘッドホンを購入してしまいました。
その時は納得して購入したのですが、自宅で聞いてみると今までとさして変わらない感じがして、やっぱり音質によほどこだわりがなければそこそこ聞くことが出来るヘッドホンで良かったなと、購入を後悔してしまいました。

.

最終更新日:2015-09-28 22:42

コメント (0)